お問合せはこちらから

フリーランスウェディングプランナー 野口雅子と創るナチュラル&エシカル オーダーメイドウェディング

Thank you for everything for all grooms,brides,their precious family&friends

Masako Noguchi
ミュージカル俳優・歌のお姉さん・イベントプロデューサーを経て自身のLAでの挙式をきっかけにウェディング業界へ。約20年1200組の結婚式を担当 and more・・

Congratulations!

natural & ethical order-made wedding

ご結婚おめでとうございます!
どこで式をしようか迷っている?
そもそも式はしたくない?
では、、知っていますか?
フリーランスだからこそ叶えられる
結婚式があるのです

シンプルに 無駄を省き
やりたいことに絞る

たったこれだけのことでも
既存のプランでは
叶えることができません

二人のためだけに創る結婚式だから
「ただ 楽しい」だけじゃない
「ただ 素敵」だけじゃない
「ただ ありがとう」だけじゃない
二人にしか見られない
最高の景色が生まれます

だから未来へのパワーになる

それがきっと本当の結婚式の意味
そのために二人の
最強の人生応援団長でありたい
そんな結婚式を
お手伝いしています

Archive

Category

twitter

Message “One World Wedding”

Message from Bride

One World Wedding

 

ずっと憧れていたガーデンウェディングの記事に一目惚れ

私が最初に野口さんのことを知ったのは某ウエディング雑誌でした。
野口さんがフェリシアさんでの結婚式をプロデュースした様子が特集されていたんです。
ずっと憧れていたガーデンウェディング。
おしゃれなだけではなくて温かさを感じる雰囲気に一目で「ここで結婚式をしたい」と思いました。

一度は専門式場を選んだものの違和感を感じて悩んだ日々

でも会場は埼玉県。私たちが住んでいるのは千葉県。
私も夫もフルタイムで毎日残業に追われるような仕事スタイルなので、夫の希望は「家から近い会場」。
私自身も一度やり始めるとかなり拘ってしまうタイプなので、夫の言う通り家から近い会場にするべきだろうと考え、
自分の気持ちには蓋をして会場選びを始めました。

幸い、会場選びを始めてからすぐにガーデンウェディングができる会場が見つかり、契約。

しかし、日に日に「やっぱり違う。最初に惹かれた気持ちに嘘をついていいのか⁉」
という気持ちがどんどん大きくなり、夫に相談しました。
契約金は戻ってきませんし、会場が遠くなる為、拘りが強い私の体調を心配した夫は当然反対します。

実は1番大変だったのは、野口さんに会いにいく為に夫を説得することでした。笑”

私たちにとってのベストを真剣に考えてくれていると感じました

そして初めて野口さんにお会いした時も、
「ただおしゃれにしたいのであれば、私でなくてもいいのでは?」
「まずは今の会場でやりたいことが本当に実現できないかを確認することの方が大切」
とのお話をいただき、確かにそうだと思いました。

それと同時に「この人にお願いしたい‼」と強く感じました。

それはただ野口さんが自分自身の仕事を決めに来ているのではなくて、
私たち夫婦にとってのベストは何なのか、
ゲストの方達にできるだけ失礼のない形で私たちの希望を叶えるにはどうすればいいのか、
それを真剣に考えて下さっていると感じたからです。

夫も同じように感じてくれていて、野口さんにプランニングをお願いすることになりました。

準備は大変だったけれどそれ以上い本当に楽しかった
その後は、野口さんのアドバイスの下、ゲストの方々に日程と会場変更の連絡やお詫び、
根回しを行い、本格的な準備に取り掛かりました。

野口さんとの結婚式の準備は一言で言うなら「大変」でしょうか。笑”

野口さんからも「私との結婚式は準備が大変ですよ」と念を押されていましたから、
覚悟はできていました。笑”
でも、それ以上に楽しかったです。本当に。

そして食事やBGM、会場の装飾、ドレスやヘアメイク、写真や動画…どれもイメージ通りでした。

それは どの担当の方もいい人で、わがままで拘りの強い私に根気強く対応して下さったこと、
どの担当の方とも しっかりと時間をとって打ち合わせをさせてもらえて
イメージの擦り合わせがしっかりできていたことが大きかったのかなと思っています。

プロに任せっきりではなく自分たちもホストとして準備できました
また、たくさんの打ち合わせをしてゲストの方達に喜んでもらう為にどうするのかを考えることで、
いわゆる「裏方」や「ホスト」としての考え方や気持ちというものをもって準備をすることができ、
私がしたかったのはこういうことだったんだなと気づくことができました。

自分たちの手で形にしたからこそわかった結婚式の意味

今は結婚式のあり方も多様化していて、フリーランスのウェディングプランナーさんや
ウェディングプロデュース会社も珍しくない時代になったように思います。
結婚式の会場もホテルやゲストハウス、レストラン等、様々な選択肢があります。

誤解を恐れずお話させて頂くと、ただおしゃれに完成度を求めていくのであれば、
数回の打ち合わせのみで、あとの準備は完全にプランナーさんにお願いする形の
ウェディングプロデュースの会社にお願いするという選択肢もあったと思います。

実際その方が自分自身の負担は少ないですし、おしゃれさで言えば完成度の高い結婚式になると思います。
私もそういったプロデュース会社や他のフリーランスのウェディングプランナーさんについても調べましたが、
何故かあまり魅力を感じなかったんです。おしゃれなんですけど、なんかしっくり来ないというか。

野口さんや他の会社・プランナーさんの準備の仕方を知っていたわけではないのに不思議だったのですが、
きっと野口さんが関わった結婚式の写真や動画から滲み出てくるものがあったから
強く惹かれたんだと思います。
そして当日は本当に楽しくてあっという間でした

今までたくさん打ち合わせをして「裏方」「ホスト」と言う立場で準備をしていたつもりだったので、
当日もいい意味で「主役はゲストの方達。楽しんでもらえるように精一杯おもてなししよう。」と考えていました。
でも、当日は「主役」をやらせてもらえ、お姫様気分を味あわせて頂きました。

これは野口さんをはじめ、私の結婚式に関わって下さった方達が
本当にプロフェッショナルだったからだなぁと感じています。
(そもそも本当の意味で準備して下さっていたのは野口さんやスタッフの方達なので、
私自身が準備したと考えることがおこがましかったのかもしれません💦)

夫ともよく結婚式の時の話をするのですが、必ず出てくるのは
「野口さんにお願いして良かった」と言うことです。

野口さんとだったから、結婚式をやる意味や
自分達が結婚式で本当にやりたかったことを知ることが出来て、それを形にできたと思っています。

最後になりましたが、結婚式後は日々の忙しさにかまけてお礼状を送ることもできていなかったので、
この場をかりて野口さんをはじめ私たちの結婚式に関わって下さった全ての方々にお礼を言わせて下さい。

皆様のおかげで本当の意味でゲストの方達をおもてなしすることができ、心に残る結婚式になりました。

本当にありがとうございました。

One World Wedding

Wedding Report

[ Message "One World Wedding" ]Message,Real Weddings2019/04/04 23:17

UA-113872183-6